i-chi-tora’s ura-diary 一虎裏日記

"王様の耳はロバの耳"よろしく、徒然なるままに憎らしくも可愛い娘&息子の愚行を愛をもって暴露していくことを中心とする裏日記

遺伝とは斯くも恐ろしきものなのか

昨日の午後、一通のメールが届いた。娘の学校で行われていた俳句コンクールの主催者からだった。

娘の通う学校は中学高校が一貫しているフランス公立の学校なのだが、日本語を日本の中学高校レベルで学ぶことができる特殊なクラスが設けられている。日本以外にも中国やベトナム等のアジアの国々の勉強ができるクラスもあり、フランス人以外に様々な国の子供達が通っており、授業以外にもそれぞれの国の文化行事が頻繁に開催されている。

そんな学校にて、ここ数日、日本語クラスの子供たちに向け俳句コンクールが開催されていた。生徒たちが思い思い好きに俳句を考えてそれを提出すると、日本にあるとある俳句関連の会の方々が審査をしてくれるというコンクール。参加は強制ではなく任意なのだが参加賞を目当てにほとんどの子供たちが参加しており、娘も例にもれず参加賞の日本の駄菓子ほしさにその俳句コンクールに参加していた。

 

届いたメールは、その俳句コンクールの主催者からであった。タイトルには、【俳句コンクール受賞者】と書いてあった。私はおもむろにそのメールを開いた。親指で携帯画面をスクロールしてメール文を見ていくと、コンクール入賞者の欄に娘の名前と娘が書いた俳句を発見した。

 

『夏休み  宿題終わらす  夢の中』

 

先日、この俳句を娘から先に聞かされ、『ここ最近のバカンスいつもそんなんやん…』と娘の自虐俳句に何とも言えない気分になっていたのたが、まさか規模の小さいコンクールとはいえ入賞するとは思っていなかったので驚いた。

さらに添付されていた【審査員句評】というファイルを開いてみた。娘の名前の横に審査員二名の句評が書かれていた。

 

『誰もが共感すると思います。思わず笑ってしまった。共感度No.1です!  夢だったんだね   がんばれ!といいたくなります。』

 

『ははは。宿題がすんでないのがよくわかります。寝てないで早く勉強を済ませなさいというお母さんの顔が浮かんでしまうのは深読みしすぎでしょうか。』

 

五七五のキレと風情あらわす季語からなるはずの俳句の句評が、みごとに笑いに包まれており、唖然とした。

自虐日記とも言える裏日記を公開してる母とダメっぷりを俳句に収め公開する娘。

これ以上は似ないでくれと願ってならない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

届かぬ想い

『これ以上食べたらお腹痛くなるから、もうやめとき!』

と、大好物のカレーライスの何度目かのお替りを制止し、夕食を終えた私達三人はここ最近ドはまりしている、日本のドラマ【ごくせん】をみることにした。

 

【ごくせん】とは女優仲間由紀恵さん演じる主人公ヤンクミが極道一家の跡取り娘でありながら正体を隠し、高校の荒れたクラスの担任教師として日々奮闘しながら生徒たちとの絆を深めていくという、かれこれ10年以上前に放送されていた青春ドラマ(?)である。

当時放送されていた頃は見たことがなかったのだが、原作である漫画を少し読んだことがあったので、数週間前の暇なある日、子供たちに日本の高校生の生活っぷりがどんなものか見せてやろうと思いつき、ユーチューブで見始めたのだ。たまたま暇で見始めたものの、毎話ごと何かしらの問題がクラスや生徒の家庭内で勃発しては、さっそうと現れて敵をやっつけ解決していく仲間由紀恵さんを見て

『これ、あれやん!!暴れん坊将軍やん!!流れが時代劇!!』

と、気づいてしまい、弱時代劇好きの心をくすぶられ、そのままずるずるエピソード1から3まで網羅するほどにはまってしまったのである。

 

テレビの前で立ったままごくせんを見ている息子が突然ヤンキー口調の真似をした。

『あかんで!そんな言い方したらあかんって言ってるやん。この人達も普段は丁寧に話してはるやろ。荒っぽく話したらかっこいいんじゃないやん?いつも見てるコナン君も話し方丁寧やろ?』

そういうと息子は『…うん。』と納得し、何を考えたのか今度は正座をしながら再びドラマを見だした。

暫くすると、息子が突然立ち上がりテレビ画面を指さしながら

『ママ!!この人が犯人やで!!!』

と叫んだ。

『これコナンちゃうから犯人おらんはずやから、大丈夫。』

『でも、この男の人めっちゃ蹴ってるから、むっちゃ悪い人やん!!』

『…うん…でも犯人…まあ悪い人やわ。でも、見たらわかるから犯人探さんいいよ。』

『ふーん、わかった。』

さっきチラッとコナンの話を持ち出したがためにおかしな方へ見方を変えたか…と、一人納得し、再びドラマを見続けた。

 

ドラマ終盤、生徒達がピンチに陥ると暴れん坊将軍かのように担任教師ヤンクミ(仲間由紀恵さん)が現れた。盛り上がる音楽の中、ザコ悪軍団を蹴散らして、悪者達へ決め台詞を放つ瞬間が来た。

『私?私はその子達のせんプツッ……………

まさかの突然音声切れ。

 

娘『!!!!!…はぁ???』

ママ(私)『!!!!…アンクワイヤーブル…』

無情にも突然無音で字幕のみとなった見せ場シーンに娘&母で憤慨。そして落胆。

娘『…今さ、『くっそ!!!!』とか言いたかってんけど、堪えてんで。えらいやろ?』

マ『…奇遇やな。ママもそう言いそうになったのを堪えたからこそ、マイルドに『信じられへん』ってフランス語で言ったんやん。』

娘『よく耐えた。』

マ『やな。うちら今のはよくがんばりましたよ。』

ついさっき、息子に言葉遣いについて語っただけに迂闊に暴言は避けねばと頑張った母娘。無音でごくせんのクライマックスをぼんやり見ながら称えあった。

 

ごくせんも見終わり、寝る時間となったので子供たちはそれぞれ二段バッドへと寝に行った。いつもならここで、『おやすみ』というのだが、ごくせん直後だったので面白がって

『おやすみなさいやし、お嬢!!』

と、極道一家風に娘に言ってみると

『ママがそうゆうことするから、真似するんやろ!!!』

と、ごもっともな意見で怒られた。

『でも、これは丁寧な言葉やしさ…』

とかなんとか娘に言い訳していると、二段ベッド下段から息子がでてきてこう言った。

 

『あのさ、台所にカレー匂いに行っていい?食べへんから!匂いだけやから!』

 

 

母娘の想いはいつか彼に伝わるのだろうか…

 

 

 

 

 

 

For my nephew.

朝、目が覚めて携帯電話を見ると義兄からメッセージが入っていた。

ついにきたかと飛び起きて

『!!!!!』

とだけ返事をした。

 

子供たちを送り出してから、ソワソワソワソワしながら洗い物や後片付けをし、出かける用意をしながら、今日の予定を考えた。

まずはマルシェへ行って…銀行は…もう明日やな。郵便局は書類揃えて今日中にいかないとやばいかあ…バイトもあるし…いや、でも今日は何よりもマルシェが大事。お魚買わな。あ、お米もなかった!ー時間内にお米も買いにいかな…あ、お花もほしいなあ…ケーキも買っちゃう?いや…ケーキは違うわ、ないない、ケーキは我慢しよ……

上着をはおい、携帯電話と財布の入ったカバンを手に取り、出かけようとした瞬間、

『ピロンピロンピロンピロンピロンピロン』

と、メッセージの受信音が立て続けに鳴った。

もう後は家から出るだけというところだったのだが、バタバタと慌てて食卓へと戻り、急いで鞄の中から携帯電話を取り出した。メッセージの内容を見ると数枚の写真と共に

『3816グラム』

の一言があった。

それは、待ちに待っていた姉の第一子出産が無事に終わったとの報告だった。

 

昨年秋から姉は第一子妊娠にともない切迫早産の危険から絶対安静となってしまい、この数ヵ月を病院のベッドの上で過ごしていた。そのくせ、先月もう出産予定日も近いからと退院するも、今度はなかなか産まれてこない日々。毎日いつでも車を出せるようにと、父や義兄は禁酒を強いられ、家族全員で『産まれる産まれる詐欺か』とまで言い出していたくらいだった。

出産後、疲労しきっていた姉にかわって、義兄が産まれたばかりの甥っ子の写真を私に沢山送ってくれた。無事な姉とかわいい甥っ子の姿が嬉しくて、ニヤニヤしたくなるのを我慢しながらマルシェへ行った。

実のところ、姉の妊娠出産に関して、私はかなりの心配をしてこの数ヵ月を過ごしていたのだ。初産の姉本人や極細神経の持ち主である不安症気味の我らが母の前では、ネガティブ発言は危険と考え、

『いけるいける。大丈夫やってー。』

と、適当なことしか言ってこなかったのだが、今までに妊娠や出産に関して大変だった話や不幸な話も身近にあっただけに、病院で完全保護状態これ以上はないという万全の体制であったとしても、100%安全な出産なんてものはないという考えを捨てきれずにいたからだ。そんな数ヵ月にも及ぶ心配がありがたくも杞憂に終わったのだから、浮かれてニヤニヤしたくなったのも無理からぬこと。

 

今日はお祝い~♪

祝いとくればお寿司でしょう♪

めでたいし鯛ははずせないな♪

お花も買って帰らねば♪

せっかくやし日本酒でも開けてしまうか♪

あー、やっぱケーキもいるかな♪

と、浮かれながらマルシェで買い物をして帰った。

一通り買い物を済ませ自宅へ帰ると、病院にいる姉に代わって出産の報告をしようと実家で一人待機していた祖母に電話をかけた。直ぐ様電話にでた祖母は、私の予想通り仏壇の前で座っていた。

『今、仏さんに拝んでたとこやねん!!よかったわあ!いやあ、嬉しいわあ!』

と祖母は大喜びし、二人できゃっきゃと笑いあった。

祖母との電話を切ってから、姉の友人や私の友人、主人へ報告のメッセージを送っていると、病院にいる義兄から再び

『ピロンピロンピロンピロン』

とメッセージが送られてきた。

ベッドで寝ている赤ちゃんの数枚の写真と姉の様子が書かれていた。

さらに

『ピロンピロン…』

と続いて、赤ちゃんの様子が書かれたメッセージがはいった。

【骨太・筋肉質・幅広肩・くりくり頭・僕そっくり!】

思わず、

『赤ちゃんで筋肉質て!どんなんよっ!』笑

と、自宅で一人、早くも親バカと化した義兄の言葉にツッコミをいれながら、嬉しそうな義兄の姿が想像できて、私も幸せな気分になった。

 

夕方、学校から帰って来た子供達にも報告し、

『一緒に何して遊べるかなー♪』

と三人で協議となった。

夕食は予定通りお祝いということでお寿司をつくった。そんなお祝いお寿司を前に、甥っ子誕生記念ということで、我ら三人、お寿司とともに記念写真を撮ってみた。

どこにも甥の姿は写ってないが、せっかくなんで大きくなったらみせてやろう。

 

 

 

 

 

ああぁ!早く甥っ子と遊びたいっっっ!!!

 

 

 

 

甥(おい)

英語 :  nephew

仏語 : neveu

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

不幸の手紙じゃありません。


f:id:i-chi-tora:20190505215250j:image

 

4月30日夕方、ピロンピロンと続いて携帯のメッセージ音がなった。

日本時間で5月1日午前0時を越えたので新年号『令和』となったことを祝い、

『おめでとう!』『令和になったよ!』

等々友人達からメッセージを頂いたのだ。

携帯電話で日本のニュース記事を見ても、日本全国の記念行事の様子やお祝いしている様子を伝える記事が多く、ついこの間お正月があったのに、まるでまたお正月がきたようだなと、少し愉快に思えた。

腰痛をこらえて行ったバイトが無事に終わり、自宅へ帰って娘&息子と

『令和になったねー。なんかお正月みたいよなー。』

と話しをした。

 

夕食後、再びピロンと携帯電話のメッセージの音がした。誰からだ?と思いながら携帯電話を手にとりメッセージのアプリを開いた。

なんと、送られてきたメッセージの差出人はすぐ数メートル近くにいる娘からだった。

娘の名前のメッセージボックスを開いて笑ってしまった。


f:id:i-chi-tora:20190505065905j:image

まさかのチェーンメール

 

翌朝、さらに娘の友人から同じチェーンメールを頂きノルマ30人へ。

 

こんな大人になってまで、こんなものを受けとるとは思ってもいなかったが、内容が内容だけにとても嬉しくなった。

 

メッセージ送信ノルマ30人は大変なので、読者の皆様に見て頂いてクリアとしようと日記に載せさせていただきました。

 

 

これからもどうぞ宜しくお願い致します。

 

 

 

一虎

 

 

 

 

 

 

老若男女恋愛合宿

『僕はロマンチストじゃないんですよ。カッコいいわけでもないし、もう若くもないし、王子様でもない。もちろん白いタイツもはいてないし、白い馬にも乗ってないしね。でも、こんな僕なんだけど、ロマンチストな貴女とこれからもずっと一緒に幸せに過ごしたいと思っているんだ。だから結婚してくれる?』

 

8才の花子(仮)ちゃんが10才の息子に好意を抱いているというかわいい情報が流れる音楽合宿中、大人達だけでワイワイと賑わう夕食時の食堂にて、突然一人の初老まぎわのムッシュ(イタリア系フランス人男性)が立ち上がり皆の前に出てこう告げた。

ついさっきまでムッシュがいた席の横に座っている同じ歳程のマダム(イタリア系フランス人女性)がものすごく驚いた顔をして見せたが、すぐに笑って泣き出した。

子供のかわいい恋愛事情で既に微笑ましい空気が流れていた音楽合宿にて、なんと大人本気恋愛事情が公開プロポーズという事件を起こしたのだった。

予期せぬ突然の公開プロポーズに、私たち一同は全員一瞬固まった。しかし、泣き出したマダムを見て状況が把握できるや否や、なんて幸せな瞬間だと直ぐ様感動が広がり、あっという間に食堂内は祝福モードへと切り替わった。

聞けば二人は離婚歴がある者同士で、長年一緒に住んではいたけれど、入籍には至ってはいなかったらしい。お互い歳も歳だし一緒にいることをはっきりしようと決めたらしく、教会とはいかないまでも、せっかくだから大勢の前で誓いたいとムッシュがこの公開プロポーズを企画したとのこと。

私にとって、プロポーズの場面に立ち会うなんてことは生まれて初めてのことだった。あまりの予期せぬ事態に、立ち上がったムッシュの言葉を一瞬何かの劇のセリフか、余興でも始めたかと思ってしまったくらいだったのだが、彼女に向かって照れもなく穏やかに笑う彼の表情と笑って涙する嬉しそうなマダムを見ていると、うまく言葉が出なくなるくらい感動できた。幸せな場面に立ち会えて、ありがたくも幸せをお裾分けしてもらえたような気分にさえなれた。

『おめでとう!』『おめでとう!』『お幸せに!』とひとしきり皆で二人の結婚に盛り上がり、賑やかな夕食は遅くまで続いた。

 

夕食後、私が娘に会いに合宿施設内にある子供達用の部屋へと行くと、プロポーズをされたマダムが食堂にいなかった子供達にも結婚の報告をしにきていて、合宿に参加してる子供達と嬉しそうにきゃっきゃとはしゃいでいた。幸せそうな彼女を見ていると、こっちまで幸せは気持ちになれ、その夜はそのまま幸せなとてもいい気分で眠れた。

 

翌朝、9時過ぎに朝食をとろうと食堂へ行くとほんの数人の大人しかいなかった。既に早起きして朝食を済ませた大人もいれば、まだ起きてきていない大人もいて、子供達は全員朝食を終えて既に外で遊び回っているとのことだった。「大人は昨日騒いだしなあ、子供は遊べる時は早起きしても遊ぶわなあ…」などと思いながら朝食の焼きたてクロワッサンを美味しく食べた。

『ママー。おはよう!ママ起きるん遅いで!』

と言いながら息子が食堂に現れた。

「あ、そういや息子も花子ちゃんに好かれてるとかやったな…なんかこの合宿は幸せな合宿やったなあ」とふと思い、フフフとほくそ笑みながら息子に『おはよー。』と返事をした。

息子『今日さ何時に起きたと思う?』

ママ(私)『?わからん。ママさっき起きたし。7時半とか8時?今は皆で遊んでるんやろ?』

息子『ブー。答えは6時。6時半から○○さん(カワイイ大人女性チェロ奏者)と二人でチェロの練習しててーん。』

ママ『ええ!!?????あんた、何してるん!!?』

息子『昨日から○○さんと約束しててんもん♪一緒に朝練習しようって♪さっきまで二人で練習しててんでー♪』

マ『……。』

 

 

幸せ音楽合宿最終日、

こんな男はやめておけと本気で花子(仮)ちゃんへと語りたくなった。

 

 

 

 

The お調子者

インターネットの電波もか細い田舎につき、耳を済ませども隣近所の話し声はおろか、車や工事現場の音もない。聞こえてくるは鳥の声と練習中のオーケストラ曲だけである。

 

宿泊先のご近所さんからの差し入れということで、昼間からロゼワインをご馳走になり、いい気持ちになったので、皆が午後の練習へと向かうと同時に一人暖炉のある応接室へ枕と毛布を持ち込んで、腰痛を労るという名目を掲げソファーでごろごろ寛いだ。

こんなに静かで穏やかな場所で、一度も台所に立つことなく食事ができた上、眠気にまかせて寝てしまえるなんて、今日という一日はなんて素晴らしい日なんだろうとそんなことを思いながら、そのまま気持ちよく眠ってしまった。

小一時間ほどうとうととしていると、バタバタと慌ただしく軽い足音が近づいてきた。辺りがあまりに静かなため、よく足音が響いて聞こえた。誰か来たかと仕方なくソファから起き上がると、ガチャンと勢いよくドアが開いて息子が現れた。

息子は女の子を一人連れていた。他の子供達も大人もいなく、聞けば二人は今皆が練習している曲には参加しないから二人だけで少し休憩しに来たとのこと。なんだ全員休憩というわけでもないのかと、私は再びソファにごろんとなり、またも昼寝を再開しようとした。

息子は一緒に来た花子(仮)ちゃんという名前の2つ歳下の女の子と二人で私の昼寝のすぐ横で仲良さそうに話をしだした。小さな子供がする仲の良さそうな話し声はうとうととしている私にはなんとも聞き心地がよく、黙って二人の話し声を聞き続けた。

息子『8歳やんな?誕生日いつ!?』

花子『1月13日。早生まれ。』

息『そうなんや。もうじゃあ終わっちゃったんや。』

花『うん。お正月になったらすぐに誕生日になるの。』

息『ふーん。僕のパパも1月生まれやで!

僕は11月の22!二人とも1が多いな!』

????

息『13やとうちのパパより先に誕生日やな!僕は22やからもっと後やけどな!』

?????

花『そうなんだ。11月だとまだまだだね。』

息『うん。でも11月になったら22日はすぐやで。』

!!!!!

ママ(私)『ちょっと!』

花『?』息『?どうしたん?』

マ『あのさ、いつから22日生まれになったん?あんた24やろ、誕生日。』

息『あー。ほんまや、間違えてたわ!笑!』

眠気もあるし気のせいかと、つっこむことなくほっておこうかと思ったが、デレデレしながら三回も違う誕生日を連呼されるとさすがにつっこまずにはいられなかった。

花『えー。誕生日忘れてたん?笑』 

息『ははは、間違えただけやん。24やわ。笑』

このデレデレ男がぁ!っと心の中で息子につっこみ、すっかり目が覚めてしまった私。そんな私に気を使ったのか二人は

『かくれんぼしてくる!』

といって応接室を飛び出していった。

再びうとうとしようかと一人ソファで静けさを楽しむことにした。鳥の声と音楽が微かに聞こえる中、気持ちよくうつらうつらとしだしたところで、再びバタバタ…バタバタ…と足音が響いてきた。かくれんぼで相手を探し回ってるのかとボンヤリする頭で考えた。

息子『はるかちゃーん!あれー?』

        『はーるーかーちゃーん!!』

………。

       『はるかちゃーん!どこー!?』

ガチャン!

『ママー!はるかちゃん見んかったあ?』

ママ『あの子の名前は花子ちゃん!!!!一文字しかあってないわぁっ!!!』

息子『!!?』

 

静けさあれども息子のボケにより日常へとカムバック。

合宿期間、息子のハイテンションメーターが振り切れ中。

何故に彼はああなのだろうか…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

誰がための合宿か

一昨日から激しい腰痛に見回れ、昨日は歩くことも座ることも辛く、うっかりペンでも床に落とそうもんなら身体が曲げれず自力で拾えず、くしゃみや咳がでようもんならズキーーーンっと腰に痛みが走り

『いったーーーいっ!!!』

と叫ぶ始末。

 

なのに、今、子供6人を引き連れてブルゴーニュ地方へと向かう特急電車に乗っている。


f:id:i-chi-tora:20190427010935j:image


今日から2泊3日、ブルゴーニュにて音楽教室の合宿があるのだ。保護者の出席は任意なのだが、娘はまだしも、息子一人で彼の身体ほどの大きさのチェロと2泊3日の宿泊用意と譜面台やら楽譜を持って地方へと行くのはさすがに無理だと判断し、私も参加することにしたのだ。そのため、他の保護者の方が引率しない子供たちをまとめてブルゴーニュまで引き連れていくというお役目を仰せつかったのだ。

ここまで聞くと、『あらあらまあまあ一虎さん大変ねえ』と思われるかもしれないが、合宿中の2泊3日、子供たちは朝から晩まで6月のコンサートに向けてのオーケストラの全体練習で、さらに保護者なしの子供達が参加するため現地には子供お世話係までスタンバイしてくれているのだ。すなわち、母は用なし、することなし。さらに、参加と言えどただの付き添い、レッスン代が要らないので宿泊費が破格に安いときてる。

もはや母にとっては、行きと帰りの使命を除けば、ワインの産地のど真ん中にて2泊3日3食おやつ昼寝つき格安グータラ合宿であり、さらに、参加者にワインの作り手さんがおられるため、産地直送ワインの差し入れ&産地価格でワイン購入というオプションまでがついてくるのだ。

『いつも、お子さん連れて大荷物で大変ねえ。』

とか

『うちの子まで見てもらって、すみません。』

とか

『子供達を見てもらってありがとうございます!』

等々、色々皆さん労ってくれて申し訳ないのだが、この合宿は私にとってはもはや子供達の合宿ではなく、母のための合宿なのである。

正直、悶絶絶叫するほどに腰痛がひどくてつらいのだが、これはこれで、私の下心が強すぎたてバチが当たったとも思えてならないぐらいである。

世の中なかなかうまい話はないなと思う。

 

なんてことを思っている私の隣で

『うちのママがさ~。』

とか

『えー!うちもー!あれ、すっごい嫌じゃない?』

とか、子供目線の家庭内愚痴トークが繰り広げられいていて、

さらに息子は一人、車内トイレの前にて同じ合宿に参加するフランス人女性とデレデレ会話中ときている。

 

三者三様楽しげ合宿(腰痛ですけど!)はじまりはじまり…